« 西山光太さんの器 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2013年12月23日 (月)

シュトーレンと注連縄飾り

131223_1

あっという間に12 月もあと1週間となりました。
今年、初めてシュトーレンを作ってみました。今まで私的にはあまり馴染みのなかったお菓子ですが、何となく作ってみたくなって、レシピを調べて作ってみたら意外にも美味しくできました。買ってきたものだと洋酒が強過ぎたり甘過ぎたりしていたので、これは自分で作る方がいいみたいと、それからいくつかの作り方を試してみたりして、あまり日保ちもしないし本来の「シュトーレン」とは違うのかもしれませんが、自分好みのものを手作りして家族や友だちと季節感を楽しみながら味わうのもいいなあと思います。

131223_2

そして今年はもう一つ、近所の山から採って来た蔓を使ってクリスマスリースも作りました。拾って来た松ぼっくりやどんぐりや赤い実を使って飾り付け、柊がないのでニッキの葉っぱを飾りやっとリースっぽくなりました。
手作りリース、こちらもなかなかいいもんです。

131223_3

そしてそして、昨日今日と注連縄飾り作りをしました。
昨日、「awanova」の「一陽来福まつり」への出店もありつつ、そちらは夫に任せて、私は近所のおじいさんたちに注連縄飾り作りを学ぶワークショップに参加してきました。去年から2回目の挑戦で、今年は何とか一人で最後まで作ることが出来ました。
近所に住む仲間たちで、長老たちの技術を学び伝えて行こうとしていることの一つにこの注連縄飾りがありますが、今日もみんなで作り方を復習して、自分たちだけで作り上げることができました。うれしくて、早速玄関前のリースは注連縄飾りに変えてしまいました。
棚田を守りお米を育て、その稲で一年の厄や禍いを祓う注連縄飾りを作り、里山の神様に感謝しつつ一年を締めくくることが出来ること。この地に住んで3年、やっとその意味を実感することが出来たような気がしています。

クリスマスとお正月、
日本人らしく欲張りにそれぞれを楽しみつつ、今年も家族がみな元気に迎えられることに感謝して過ごしたいと思います。

_____________________

本年の営業は終了しました。
年始は1月10日(金)より通常通り営業いたします。
どうぞよろしくお願い致します。

_____________________

« 西山光太さんの器 | トップページ | 明けましておめでとうございます »