« 「いのちの森」をつくる | トップページ | 森のようちえん はっぴー »

2013年4月 6日 (土)

海ねこパーラー

130406_1

草soのコーヒーは「藁珈琲洞」のシゲちゃんこと生田茂之さんから、毎週プレンドしてくれた豆を入れてもらっています。
そしてシゲちゃんの奥さま、つかささんは「海ねこ食堂」という名前でスイーツやお料理を作る方なのです。
この二人が不定期に開催している「海ねこパーラー」がカフェ草soに来てくれます。

そう、4月13日(土)14日(日)は「海ねこパーラー」の日です。

いつもの草soのメニューはカレーとチャイのみ。
それ以外はシゲちゃんのコーヒーとつかささんのスイーツなどお楽しみいただけます。

先日、二人のお宅で「試食会」をしてくれました。
ジョソンという、クッキー生地のようなものの中にいろいろ具材をいれて焼いたもの(上の写真)4種類、中でも玄米とひじきの混ぜご飯が入っているというものが意外や意外美味しくて、他には新玉ねぎとカリフラワーを炒めたものが入ったものや、あんこ入りやピーナッツと夏みかんピールを入れたデザートっぽいもの、それぞれ優しいお味でお腹にも満足感たっぷりでした。
ちょっぴり大人の味わいの豆乳カスタードプリンも試食。これはさすがにコーヒーにぴったりの味わい。

130406_2

そして、シゲちゃんが、
今回はドリップコーヒーではなくて、サイフォンで淹れたコーヒーにしようかと言って、サイフォンコーヒー未体験の私にコーヒーを淹れてくれました。
理科の実験みたいな器具が出て来て、アルコールランプにマッチで火をつけ、ボコボコと蒸気が上がり、混ぜるタイミングが大事だという説明を聞きながら眺めていると、ほどなく美味しいコーヒーの出来上がり。
ふわっと立ち上る湯気に軽やかなコーヒーの香りが……。ドリップのコーヒーはお湯の温度を少し低くして淹れるので、湯気に混じるこの軽やかな香りが味わえるのはサイフォンコーヒーならではなのだそう。味もコクがありつつさわやかで軽やかで、普段コーヒーが苦手な私にもとっても美味しくて感動でした。
普段は野外でのイベントに参加することが多い二人、屋外ではサイフォンコーヒーはちょっと難しいけれど今回は実現してもらえるかもです。
ぜひ、4/13(土)14(日)
「海ねこパーラー」に遊びに来て下さい。

« 「いのちの森」をつくる | トップページ | 森のようちえん はっぴー »