« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月18日 (火)

稲刈りしました!

120918_1

昨日無事に稲刈りが終わりました。
とうとう収穫の日がやってきたのです!
近くに住む仲間や、東京からも友だちが来てくれて、我が家の田んぼの田起こしから教えてもらっている林良樹さんに教わりながらの稲刈りでした。まずは刈った稲を縛るすがい縄作りからはじまり、いざ田んぼへ。手順を教えてもらってみんなで一斉に田んぼへ入りました。

120918_2
<すがい縄をみんなでなっているところ>

片手で稲を掴んで鎌でザクッと、一株ずつ刈っては束ね、刈っては束ね、の繰り返し。この一粒一粒にお米が、と思うと一本も無駄に出来ないと思ってしまうけれど、ふと顔を上げるとまだまだ稲が続いていて途方に暮れるのです。けれど永遠に続くことはなく、終わりは必ず来るもんです。「あれっ、終わり?」とみんなで顔を見合わせて、無事に1枚目終了!

120918_3

120918_4
<バインダーという機械で刈っているところ>

続いて2枚目はバインダーという小さな手押しの機械を使います。やっぱり機械って早いのです。でもこの機械は束ねるまでなので、それを竹にかけていく作業をしていきます。

120918_5

120918
<最後の写真は一夜明けて今朝の写真、倒れてなくてよかった〜>

この「はざ掛け」をしている風景って、何だかとても好きです。DNAに刷り込まれた何かがあるのでしょうか?
私は東京育ちだけれど何となく懐かしいような、この棚田の風景こそアジアの原風景なのだと思ってしまうのです。
でも最近はみんな大型の機械で稲刈りをしながら脱穀して、乾燥は機械でやってしまうので、こういう風景は貴重なものになりつつあるような。淋しい気もしますが、今の日本の農業事情、高齢化や兼業農家が多いことを考えると、機械化をただ否定することは難しいのかな。私たちのは半分楽しみみたいなものですから……。
でも、楽しみなだけでもいいから、こういう風景を残していけたら、と思います。
そして、少しずつでもこの楽しみを共有できる人たちが増えていけば、もっといいなと思います。

これから1週間くらい経ったら、脱穀します。
ここ数日お天気が不安定で雨が降ったりやんだり。天日干ししてもうまく乾燥してくれるか不安もありますが、近いうちに美味しい新米が食べられるのが、ほんとに楽しみ楽しみ……です。

2012年9月 7日 (金)

明日の営業時間変更のお知らせ

120907

稲刈り真っ盛りです。
先週末、大山千枚田にもオーナーさんがたくさん来て一斉に稲刈りしていました。
写真は今朝撮影したもの。
我が家の稲刈りももうじきです。

_____________________

さて、前回のブログにも書きましたが、
誠に勝手ながら、
明日、8日土曜日は12時30分からの営業になります。
どうぞよろしくお願い致します。

2012年9月 4日 (火)

夏休みが終わって……

120904

春分から数えて二百十日、この日は台風の特異日なんだそうで、天気が荒れやすいと言われているそう。今年のそれは8月31日でした。台風は来なかったけれど、この前日までは毎日真夏の太陽が照りつけていたのに、31日からスコールのような雨が降ったりやんだり、満月の月明かりの中でも雨が降っていたり、あれから数日不安定なお天気が続いています。
でも朝晩が急に涼しくなって「夏」から「秋」になってしまったよう。「暑い暑い」と文句を言っていたのが、それはそれで淋しいような……、勝手なものです。

とうとう陽南子の夏休みが終わってしまいました。
ホッとするやら淋しいやら、いつもの日常に戻りました。
いつも夏休みの最終日に泣く泣く宿題をやっていた私は、我が子にはそんなことはさせないと、7月から計画的に宿題を進めてきたので、わりと余裕のある休み明けでした。
小学校に入って、計算ドリルやら読書感想文やら、絵日記、朝顔の観察日記……などなど、夏休みの宿題ってこういうんだったねえ、なんて思いながら、でもこれをどう効率よくやらせるか、要するにこれは母親の宿題とも言えるよな、なんて思ったりして……。

______________________

また子どもの話で申し訳ないですが、次の土曜日は小学校の運動会なのです。
夏休み明けからいきなり毎日毎日運動会の練習をしています。この暑い中、先生も大変だろうなあ……
という訳で、誠に勝手ながら、
8日の土曜日は、営業時間を12時30分からとさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »