« 父の日と台風と、 | トップページ | 夏の営業について »

2012年6月29日 (金)

マテバシイのハシ

120629_2

古材を使って素敵な家具を作っていらっしゃる今井茂淑さんの「マテバシイのハシ」が草soの棚に並びました。

草soから車で20~30分くらいの南房総市の三芳という場所に、今井さんのお店「free style furniture DEW」さんがあります。セルフビルドで建てられた建物に今井さんの家具と古道具、雑貨、奥様が作られているアクセサリーなどがディスプレイされていて、奥にはカフェのスペースもあって、それはとても素敵な空間なのです。
はじめて訪れたのはまだ東京で暮らしている頃。3年くらい前のちょうど今の家を建築中の時期で、このDEWさんの建物を見たとき、「あ〜こういう雰囲気がいいなあ」と衝撃を受けたのを覚えています。
鴨川へ引っ越してからイベントなどで何度かお会いすることはありつつ、なかなかお店を訪ねる機会がなかったのに、先週、なんとなくふと思い立ってお邪魔したのです。
林の間の細い道をずんずん進んで行くと、その建物がふわっと目の前に出てきます。やはり今回も最初にお邪魔したときの感動と同じく、その雰囲気に何だかワクワクしてしまいました。
今井さんのマテバシイのお箸のことは以前から知っていましたが、使ってみたことはなく、ちょうどその時お店にあったものを購入。使ってみたら驚くほどの軽さとしなやかさ。是非に、と草soでもご紹介させていただくことになったのでした。

薪炭などのためにたくさん植林されてきたマテバシイ。今ではエネルギー源としての需要がなくなってしまい、新しい形での活用法のひとつとしてこのお箸が登場したのだそう。
固くて粘りがある材質だけれど、今井さんのマテバシイのお箸は軽くてしなやか。一本一本丁寧に削り出され、拭き漆で仕上げられています。
毎日毎食お世話になるお箸だからこそ、丁寧に作られた手になじむものを選びたい。
お揃いの箸置きもあります。
ご来店の際にはぜひご覧下さい。

« 父の日と台風と、 | トップページ | 夏の営業について »