« 醤油仕込み | トップページ | マキマロさん、玉ねぎ染めのスカーフ »

2012年4月14日 (土)

田んぼ一年生

120413

桜の花に負けじと、我が家の前では菜の花が満開です。
瑞季はブランコが上手になりました。

陽南子の入学式から1週間が経ちました。
月曜日からピカピカのランドセルをしょって、張り切って学校に行っています。
我が家から徒歩10分くらいのところにバス停があり、そこまでスクールバスが迎えに来てくれます。学校までは7キロほどです。
陽南子の学校がはじまって、我が家の朝の始動時間が1時間早くなりました。
それだけで午前中がとても長く感じられるようになりました。
ほんとに「早起きは三文の徳」です。

田んぼの作業がなかなか進まず、いったいどうしたら良いものか、と思いつつ、夫が隣組の寄り合いで同じ組の人たちに相談したところ、同じ組で隣の田んぼをやっているおじいちゃんがトラクターでうなってくれることになり、先日、早速大きな機械でガーっとやってくれました。3年間休んでいた田んぼで草の根っこやらもぐらの穴やらいろいろ、土もガチガチに固まっていたのが、少し田んぼに近くなりました。これでやっとはじめの1歩。泥がトロトロの状態になるまで何度かロータリーという機械をかけて、田植えが出来る状態になるまで、まだまだ道のりは長そうです。
今日の雨で少しでも水がたまってくれるといいのですが……
田んぼ1年生はどうなることやら。
ちなみに、上の写真の菜の花畑の向こう側に見える、水がたまってなくて茶色のところがうちが今年から借りている田んぼです。

それから、
お知らせ遅くなりましたが、
「ソトコト」5月号よかったら見て下さい。
我が家ののんびり子育てが紹介されています。

« 醤油仕込み | トップページ | マキマロさん、玉ねぎ染めのスカーフ »