« 3ヶ月が過ぎて | トップページ | 郡司さんの器 »

2011年6月29日 (水)

新しいMac

110629

もしかして梅雨明け?
昨日今日と青空が広がって、真夏の日差しが照りつけている。
そうそう、夏ってこんな感じだったねえ。と「暑い暑い」と言いながら去年の暑さを思い出していた。
まだ出始めの地元産のカボチャ、煮付けにしたらあんまりおいしくできなくて、家族からはブーング。そのままつぶしてカボチャスープになることに。
冷たいカボチャスープ、今日のお昼にいただこう。

久しぶりのブログ更新になってしまいました。
実は私、パソコンが新しくなりました。
今まで使っていたものは器の店をはじめる時に買ったものだから、もうかれこれ8年くらい使っていたノート型のMacでした。仕事で使うソフトが新しいバージョンになることになり、それがもうこのMacでは使えない、、、と、そんな理由で新しいMacを購入することに。
8年間、一度も故障することなく働いてくれた古いMacちゃんに「ありがとう」と思いながら、新しいMac Bookをセットアップして使い始めたら、その滑らかなこと滑らかなこと。技術は日々進歩しているのだなあ。
それにしても、古き良き、という概念がないのがパソコンの世界なの?
どんどん新しい機種やソフトが開発され、バージョンアップの追いかけっこ。
どうにも私にはついて行くのが難しいらしい。
幸い夫はその辺に強い人なので、今回もいろいろご意見を伺っているというわけ。
でも、今回新しいMacが届いて、箱を開けて、その美しさに驚きました。
洗練されたパッケージデザイン、本体を包むフィルムや緩衝材のクッションにいたるまできちんとデザインされている。
そして、その下にしまわれていた説明書を開くと、まず一番最初に目に飛び込んでくるのは
「このMacはあなたのために生まれました」の文字。
なんだか私、この言葉にグッときてしまいました。
そういう細やかなところに魅力を感じているMacユーザーは多いはず。と勝手なことを思いながらまだ慣れないキーボードの感覚を楽しんでいる私です。
前のMacを買ったのが青山で店をはじめた頃、8年経って新しいMacがやってきて、このMacを次に買い替えるとき、私たち何をしているのかな……。

« 3ヶ月が過ぎて | トップページ | 郡司さんの器 »