« 休業のお知らせ | トップページ | 4月8日より営業再開します »

2011年3月21日 (月)

鴨川より

春分の日、あいにくの雨ですが、いかがお過ごしですか?

地震発生から10日が過ぎました。
ここ鴨川では、被災者の人たちを受け入れる準備がはじまりました。
近所の廃校になった小学校を利用しようということになり、昨日、しばらく使われていなかった校舎の大掃除をしました。
プロジェクトを立ち上げた人のツイッターや、近所の人たちの声かけで、鴨川周辺だけでなく、東京や千葉市の方からもボランティアの人たちが集まりました。
総勢80名くらい。小学生から60歳代くらいの人まで、みんなが手に手にぞうきんを持ち、掃除機をかけ、窓拭きをし、そして、150枚も集まった畳を運び、働いているのを見ながら、これだけの人たちを動かす力がどこからくるのか、と思えるほどでした。
人の気持ちの奥底にある一番大切なもの。それがひとつになっているのだと確信しました。
この場に参加することが出来て本当にうれしかった。そして、これからのこの受け入れ支援のために出来る限り協力していこうと思っています。

「鴨川市大山支援村」のサイト
http://hinansho.awanowa.jp/

それぞれが出来ることを。
感謝と祈りの日々です。

« 休業のお知らせ | トップページ | 4月8日より営業再開します »