« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

明日から12月……

101130

毎日がビュンビュンと過ぎて行きます。
気が付けば、今日で11月も終わり。明日から12月です。
カフェの営業が始まって2ヶ月弱。週に3日の営業ですが、毎週の生活リズムにも慣れてきました。
先週末も、ご来店下さった皆さまありがとうございました。

今日、大好きな雑誌「日々」の取材がありました。店のこと、カフェのカレーやケーキのこと、私たちの暮らしのこと、東京から鴨川へ移住した経緯など、丁寧に聞いていただきました。写真は公文美和さんが撮影して下さいました。
陽南子と瑞季もご機嫌に写真を撮ってもらいました。
来年3月に発行の予定です。楽しみです。

家の窓から見えるけやきの木の葉もだいぶ落ちてしまいました。風もキリッと冷たくなってきて、冬の空気です。
でも有り難いことに我が家は未だ暖房いらずです。陽当たりがいいので、お日さまが顔を出している日は家の中まで陽が入って家中が温まるのか、夜になっても暖かいのです。これもまた自然のめぐみ。感謝です。引っ越し前の家は古家で陽当たりも悪くて寒かったから有りがたさが尚更です。
けれど、以前からお願いしていた薪ストーブがもうすぐ出来上がる予定。本格的に寒くなる前には間に合いそう。やっぱりこちらも楽しみです。

2010年11月25日 (木)

日々の時間

101125

最近、なかなかパソコンに向かう時間が取れないでいる。どうしてだろう?
もっと日々のいろいろな時間を要領よくやりくりできればいいのに……。
常に思うことだけれど、なかなか難しかったりする。
夜、子どもと一緒に寝てしまうからいけないのよ、、、
でも眠いんだもの。。。
今夜は眠い目をこすりながら、かろうじて少し時間が取れています。

外はどしゃぶり。最近よく、夜中にこういう雨が降る。寝ている時に凄い雨が降ると、やはり少し不安になる。この辺りは地滑り地域なもので、もし異常なほどの大雨が降り続くと土砂崩れなどが起こりうるから。大丈夫だろうとは思いつつ、雨が弱まるのを待っている。

すみません、瑞季が起きたようです。。。
ここらでブログ更新の時間終了です。

明日からまた週末の営業です。
お天気はどうでしょう?
山の紅葉がなかなかきれいになってきましたよ。
皆さまのご来店お待ちしてます。

2010年11月22日 (月)

霧の朝

101122_1

今朝は山に霧がかかって、なんとも幻想的な景色です。美しい……。

雨が降ったりやんだり、黒い雲が空を覆っていたかと思ったら、すーっと消えて青空が見えたり、太陽が顔を出すと急に暖かくなって……、この週末そんなお天気でした。
カフェもいつも通り営業。ご来店下さった皆さまありがとうございました!
さつまいもときのこと緑豆のカレー、ブロッコリーと蓮根のスパイス炒めつき。秋冬野菜が美味しくなってきましたよ。さつまいもの甘さとカレーのスパイスがよく合いました。
さて、次週はどんなカレーかな?

昨日のお昼過ぎ、男性お一人のお客さまが大阪ナンバーの車でご来店。お話してみると奈良の器のお店「HOTARU」さんの店主さんでした。作家さんの工房をまわられるお忙しい日程の中、草soを訪ねて下さいました。ありがとうございました。
12月4日から「冬の器展」をされるそうです。いつか機会があればお訪ねしてみたいなあ。

さて、ちょっと、お知らせです。
今発売されている「天然生活」に我が家のリビングが少し紹介されました。そして、なんと表紙にその時の写真が……、瑞季がハンモックに揺られています。
是非見てみて下さいね。

101122

2010年11月15日 (月)

秋色に……

101115

週末の営業が終わり、ホッとした月曜日です。
ご来店下さった皆さま、ありがとうございました!

朝から静かな月曜日。お天気も良くて風もおだやかなこんな日は、この里山の美しい眺めを前に、ただただボーっとしていたい……。
このカフェからの眺めを度々写真に撮っているけれど、今日の秋色の景色がまた格別美しい。常緑樹が多いのかそれほどではないのだけれど、少しずつ遠くの山々も所々色づいて、これからしばらくこの眺めが楽しめそう。

陽南子は幼稚園へ、瑞季は夫とお買い物。
しばしひとりの時間。この景色を前に、贅沢な時間。

2010年11月12日 (金)

看板

101112

ここ数日、気持ちのいい秋晴れが続いています。
今日もお天気が良さそう。今週も営業いたします。

カレーは、ほうれん草とひよこ豆のカレーです。地元の直売所に出始めたほうれん草、トマトベースのカレーにほうれん草がよく合います。
ぜひお試しを。

さて、今まで近くの三箇所に小さな看板を立てていただけだったのですが、大山千枚田の分かれ道のところからお問い合せのお電話をいただくことも多く、その大山千枚田の三叉路のところに看板を立てました。
何だかまた新鮮な気分です。

大山千枚田方面からいらっしゃるときには、こちらを目印にして下さい。
ここから徒歩15分、車で2〜3分です。
棚田の風景がきれいなので、お散歩がてら歩いていらっしゃるのもおすすめです。

2010年11月 9日 (火)

うれしいいただきもの

101109

鴨川へ引っ越して、うれしいことのひとつ、それは農家さんからのいただきもの。
最近では枝豆。夏が旬のようなイメージだけれど、本当の収穫期は今頃らしい。近所の知り合いの方からいただいた。たくさんあるので贅沢にポタージュに。お豆の味が濃くて美味しい。お土産でいただいたくるみのカンパーニュと一緒にお昼ご飯。美味しかった〜〜〜。
くるみのカンパーニュ、ほんのり甘みがあって実に美味しい。パン好きとしてはたまらないです。すみません。どこのパン屋さんだったか……今度また聞いてみよう。
贅沢な時間、ありがとうございます!

101108_1

話戻って、農家さんからのいただきもの、最近もうひとつ。うちからよく見える場所に畑をしている方がシシトウを作っていたのだけれど、こちらは旬が終わり、別のものに切り替えるので苗に残っていたシシトウいくらでも持っていっていいよ〜と言って下さって、カゴを手にシシトウを採りに。
シシトウ、うちではカレーに使うので、いくらあってもうれしいのだけれど、小さいのでこれはなかなか取るのが大変。やっとのことでこのくらい採れました。
へたを取る作業は、この間の営業中に陽南子と一緒に外でやっていたら、女の子を二人お連れのお客さまも一緒に手伝って下さって、みんなで競争しながらやったら楽しくてあっという間に終わっちゃいました。ありがとうございました!
これからペーストにして保存して、美味しいカレーのもとなる予定。

うれしいいただきもの。自然の恵み。ありがとうございます。

101108_2

2010年11月 8日 (月)

出会いが生まれる場所

101108

お店をやっているというのはとっても素敵なことなんだと、また改めて思います。

はじめてのお客さまが訪ねて下さるのも、一度来て下さった方がお友だちと一緒にまた来て下さるのも、とてもとてもうれしい。そしてやはり私にとって、東京でうつわの店をやっていた頃のお客さまと再会できること、それがまたうれしいのです。東京の店を閉めてから1年半が経っているのに、その時間の長さが不思議なほど短く感じられます。前の店のあの小さな空間でお話していたのを嬉しく思い出し、またお会いできることに本当に感謝です。

この週末もいろいろな方が草soを訪ねて下さいました。以前の草soからのお客さま、地域の情報誌に出した記事を見て下さった方、「お友だちから聞いて……」という方、HPを見て下った方、そして友だち……。本当にありがとうございます。

いろいろな出会いが生まれる場所。私たちにとってその出会いひとつひとつが大切な宝物なのだと思います。
今までの出会い、そしてこれからの新しい出会い、それがいつまでもつながっていく、そんな空間でありたいと思います。

2010年11月 6日 (土)

緑豆ときのこカレー

101106

やっと秋らしいさわやかな晴天です。
山の木々も少しずつ色づいてきました。

今週のカレーは緑豆ときのこのカレー。さつまいものスパイス炒めとピクルスつきです。
緑豆、これがなかなか美味しいです。きのことの相性抜群。
さつまいもは鴨川自然王国で採れたもの。さつまいもの甘さとスパイスがよく合います。
秋らしいメニューになりました。

2010年11月 1日 (月)

豆腐のチーズケーキ

101101

今日から11月、月曜日の朝です。5時頃にものすごい雷の地響きで目が覚めました。とにかくすごかった。既に起きていてパソコンに向かっていた夫は、パソコンのキーボードから手にビリッと電気が走ったらしい。家に落ちなくてよかった〜。

さて、週末の営業が無事に終わりました。
土曜日は台風で朝から大雨、やはりお客さまはいらっしゃいませんでした。まあこんな場所ですし……。わざわざ台風の日に来るところじゃないですね。台風も3時頃をピークに通り過ぎ、特に被害などもありませんでした。(今朝の雷雨の方がよっぽどひどかった……)

昨日、日曜日はたくさんお客さまがいらして下さいました。ありがとうございました!
雑誌やHPを見て下さった方がはじめて訪ねて下さるのも、もちろんとてもとてもうれしいのですが、2度目のお客さまというのも本当にうれしいです。最近少しずつそういう方も増えてきました。

陽南子は店が営業していると、私の後をついて、カフェや器の小屋の方を行ったり来たりしていて、お客さまがいるとお話がしたくてたまらないようなのだけれど、話しかけられるとじっと黙って一言も発することが出来ないのです。昨日も3人連れの女性のお客さまのところへ一緒に行ってはみるけれど、やっぱり話しかけられると、モジモジ……。
そのうち元気な看板娘になってくれるかな。

そう、新しいケーキが登場しました。
と言っても、いつも出している豆腐のチーズケーキのバージョン違いです。
豆腐のチーズケーキのフィリングにバナナを入れてみました。上からメープルシロップをトロッとかけて、さっくりのタルト生地とのコントラストがなかなか美味しいです。
昨日、来てくれた友人が試食をしてくれて、「さてこのケーキなんていう名前にしよう?」という話で盛り上がりました。
そもそも、このケーキ「チーズケーキ」と言ってますが、チーズや他の乳製品は使っていません。いわゆるマクロビオティックのスイーツに近いもので、豆腐にレモンの酸味を効かせてつくるものなのです。でも見た目が「チーズケーキ」っぽいからでしょうか。よくマクロビのお菓子の本などにもその名称で載ってます。タルト生地も粉と菜種油とメープルシロップにザクザク感のオートミールのみ。なので普通の「チーズケーキ」を想像していただくと、ちょっとあっさりしている印象かもしれません。
結局名前は?「豆腐とバナナのクリーミータルト」っていう案が有力?「チーズケーキみたいな?」とか入れる?さて、どうしようかな……。

「どんな味?」と思われる方、ぜひ一度お試し下さい。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »