« 参観日 | トップページ | 食器棚 »

2010年6月27日 (日)

流しそうめんとアフリカンドラム

100627_1

実に充実した土曜日だった。
朝から妹の住む鴨川自然王国で近所のお母さんが集まってやっている「子どもの王国」へ。毎回いろいろ企画して子どもたちと親が自然の中で一緒にいろんなことして遊ぼうという集まりで、昨日は竹藪から竹を切ってきて、みんなで流しそうめんをするという企画。近くの山へ竹を取りに行って、子どもたちが頑張って太い大きな竹を運んで、親が縦に半分に割ってそうめんを流す台を作り、みんなで節を使ってそばちょこを作り、あまったところで箸を作り、準備を整えて「さあ、流すよ〜」と流しそうめん開始。私もこういうの初めて。流れるおそうめんを箸で掴むのはなかなか難しかった。半分水遊び状態となりながらもみんなで楽しいお昼ご飯。
みんなそれぞれ思い思いに楽しく遊んで、とってもやんちゃな子がいたり、泣いちゃうこともいたりだけれど、子どもたちもとっても楽しそうだった。一番お兄ちゃんは小学校一年生。竹を運ぶときは「子どもだけで運ぶから親は手伝わないで!」なんて言われて、重い竹を陽南子も頑張って一緒に運んでた。
子どものキラキラした目はとっても美しい。いっぱい遊ぶことが一番大事。

100627_2

夜は同じ場所でN'DANAという函館を拠点に活動しているアフリカン・パーカッションユニットのライブがあった。近所のみんなが集まってそれはそれは大盛り上がり。自然と体が動き出すアフリカンドラムのリズムが気持ちよかった。みんな子どもそっちのけで大人たちが踊り狂ってた。瑞季は私に抱っこされてガクガク揺れながら眠ってた。
こういうの久しぶり。太鼓のリズムって気持ちいい。何だかずっと忘れてたよ、こういう気持ちよさ。

子どもも大人もとっても楽しかった、よい土曜日でした。

« 参観日 | トップページ | 食器棚 »