« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

豊かな時間

100430_1

昨日の29日は瑞季の1歳の誕生日。風は強いけれど朝からいいお天気。
「今日は行ったことのない海へ行ってみよう!」と車に乗って出かけた。房総半島の突端、館山の洲崎という辺りに向かって車を走らせる。夫がどなたかのブログで沖縄にも勝る海岸があると知り、そこを探してみたけれどうまくたどり着けず、取り敢えず海水浴場のような砂浜を見つけたのでそこでお昼ご飯。ビュービューと吹き荒れる強風の中でおにぎりを食べた。食べ終わって「やっぱりもう少し探してみよう」とまた少し行ったところで海に出てみると、今度は砂浜ではなく広い岩場。何とも不思議な場所。同じ房総でもこの辺りはだいぶ雰囲気が違う。砂浜は見つけられなかったけれど、ちょっと沖縄に似ているような感じ。山もポコポコとしていてやんばるの山に似ているような……

帰り道に三芳村の直売所で買い物して、夕方家に戻るとみんな砂だらけになっていた。お風呂に入ってすっきりして、いよいよお誕生日ディナーの準備。今日のメニューは、春キャベツや新玉ねぎや人参などたっぷりの野菜と豚肉をトマトと煮込んだスープとクスクス、ローメインレタスとラディッシュとトマトのサラダ。こちらは夫が担当してくれて、私はお誕生日ケーキを作った。米粉でスポンジを焼いて、クリームと苺をのせたケーキ。と言っても、瑞季は苺くらいしか食べられないけれど……。
みんなでご飯食べて、お誕生日の歌を歌って、ろうそくを消すのはお姉ちゃんがやってくれました。
瑞季、1歳のお誕生日おめでとう!

夜、寝る頃にふと東の空を見るとまん丸のお月さま。水が張られた田んぼに映ってそれはそれは美しかった。空が明るくてくっきりと見える山の稜線がまた神秘的。あまりにきれいで、しばらくみんなで見とれていた。
海と山と美味しいご飯、豊かな時間を満喫した一日。

100430_2

2010年4月29日 (木)

市川さんの器

100429

今朝も、5時にのこのこ起き出してブログ更新。

昨日も雨。夫が棚を作る木材などを君津のホームセンターまで買いに出かけたので、日中は瑞季とふたり。片づけなどをしながら静かな一日。久しぶりに米粉のケーキを焼いたら、いつもはオーブンの下段に入れるのを間違えて上段に入れてしまい、ちょっと焦げ気味。

この間東京へ行った時に、魯山さんでの市川孝さんの個展へお邪魔した。
まだ引っ越して3週間ちょっとしか経ってないので懐かしいもなにもないけれど、西荻窪はやはりいい街だ。もしまた東京に住むとしたら西荻がいいなあ。なんて。。。

さて、市川さんの個展。初日とあってお客さまがひっきりなし。市川さんは丁寧にお客さまひとりひとりに器のことを話していらした。そんな市川さんの器は普段の食卓にちょうどいいものばかり。ひとつひとつ使い勝手を吟味して思いを込めて作られている器。市川さんの器は存在感があるけれど、決してそれが押しつけがましくない。お店で手に取った時に「あとは使い手の使い方次第……」という余韻のようなものがあって、それをあれこれ思いながらつい使ってみたくなる、そんな器。カレーを出すのにちょうど良さそうなお皿があったので今回はこちらを購入。店を再開したらカフェにも登場するかな……。家で写真を撮っていたら横から瑞季の手が、「いい器だねえ」って。
魯山の大嶌さんには店のことでいろいろ相談していたのだけれど、なかなか再開出来ずにいる私たちに毎回叱咤激励のお言葉。ありがとうございます。頑張ります。

今日は瑞季の一歳の誕生日。やっと一歳。もう一歳。
いろんなことがたくさんあった、早いようで長い一年。

2010年4月28日 (水)

おばあちゃんの誕生日

最近、夜瑞季を寝かせるときに一緒に寝てしまってなかなかブログ更新出来ず……。今日は朝5時前に起きて、こうして更新している。このサイクルがいいかなあ。

先週末は東京へ。一番の目的は私のおばあちゃんの95歳のお誕生日パーティ。子ども(私の母の兄妹)が3人。孫(私含め)が9人。そして現在ひ孫(陽南子や瑞季たち)が15人。ネズミ講式に増えている。

今年は自分でも「最近益々元気なって……」と言うおばあちゃん。今でも私たちが東京へ行くとなれば夕飯を支度して待っていてくれるし、この間は陽南子のスモックも作ってくれた。本人はあんまりうまく出来なかったと言うけれど、私が作るよりよっぽどきれいに、きっちりと柄も合わせて。
毎年おばあちゃんのお誕生日をこうやってみんなで集まってお祝いしている。一族が集まってワイワイ食事している光景はなかなか迫力があって、「まるでイタリアマフィアの一族みたいだねえ」なんて言っている。
それもおばあちゃんが元気でいてくれるから。本当にありがたい。こんな風に歳を重ねることが出来たらなあといつも思う。
面倒ばっかりかけていてわがままだけれど、いつまでも元気でいて下さい。

100428

2010年4月22日 (木)

雨の一日

100422_1

昨日のお天気が嘘のよう、今日はまた真冬に逆戻りです。朝から冷たい雨。
家の窓から見える山々に白い雲がかかって、それはそれで幻想的。

朝からいくつか工事の補修があってペンキ屋さんと大工さんが来ていて何だか落ち着かず、夕方には幼稚園の役員の集まりがあって……、そう私は新参者のくせに役員なんぞ引き受けてしまったのです……。何だかバタバタとした一日。晩ご飯は夫が鶏肉とお豆とトマトのスープを作ってくれました。美味しかった〜。

瑞季は引っ越してすぐに初めてつかまり立ちをしてからその後の進展はなく、未だにハイハイ絶好調です。歩きはじめるのはいつ頃かしら……。早いものでもうすぐ一歳。

週末に東京で用事あって明日から上京。引っ越してしばらくは何だか東京にもまだ家があるみたいな気がしてしょうがなかったけれど、やっと東京に「帰る」ではなく「行く」という感じになってきた。週末はお天気良くなるといいな。

100422_2

2010年4月21日 (水)

引っ越しました!

100421_1

引っ越してあっという間に3週間が経ちました。
実はネットがやっと昨日繋がって、今日になってようやくブログを更新している次第です。

正直、引っ越し、とってもくたびれました。
こんなに大変だったっけ?引っ越しって???って感じです。
というか、西荻窪の家の荷造りが思っていたより大変で、最後は泣きそうになりながら引っ越しの朝を迎え、細かい物の梱包まで引っ越し屋さんに手伝ってもらいながら、なんとか荷物をトラックに詰め込んで鴨川の新居へ。新居と言っても、壁の塗装はまだ一部未完成、収納の棚も自分たちで作ろうと思っていたので荷物を入れるところがなく、引っ越してからも片づけがなかなか進まない、、、と言う状態。それでも何とか住めるように整えて1週間後に陽南子の入園式。と、まあバタバタの毎日です。

この短い間に大きな出来事がたくさんありすぎて、何だか目が回りそうですが、まずは目の前の一歩を進んで行ければいいと思いながら毎日が過ぎています。
田舎暮らしもまだまだ手探り状態で、時々無性に西荻窪の生活が恋しく思えたりしますが、この地でこれから楽しいことがたくさん起こることだろう、と思います。

ちなみに、昨日は7回目の結婚記念日でした。私たち夫婦にとって、8年目にしてまた新たな一歩です。

100421_2

写真は新しい家と近所の風景。今日の夕方の光りはとてもきれいでした。ほんとに山と田んぼばっかりでしょ。こんなところです。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »