« 冬の日に | トップページ | 久しぶりに…… »

2010年1月16日 (土)

好き嫌い大好き

子どもの好き嫌いって、きっととても些細なことから発生するのだろう。ちょっと舌触りが悪かったり、たまたまその時の味付けが嫌いだったり……。陽南子は最近やけに好き嫌いを言うようになった。しかも、大好きでたくさん食べていたものが突然嫌いになったりするから困ってしまう。最近は人参が嫌い。でも逆に生の人参は大好物。サラダやぬか漬けの人参は大好きだし、台所で人参を切っていると「ちょうだい」と言って生のままボリボリ食べてしまう。蓮根や椎茸や大根も「大好き」な時もあれば、突然「嫌い」になってしまうことがある。
今日も晩に野菜の餃子を作った。キャベツ、人参、干し椎茸、玉ねぎ、菊芋、生姜、にんにくをみじん切りして炒めて、もちあわを入れて餃子の具にしてみた。陽南子も一緒にお手伝い。楽しく餃子の皮に包んでくれていたはずが、いざ焼いて食卓に出してみると、「人参ともちあわと椎茸が嫌い!」と言う。「じゃあ食べなくていいよ。」と言うと、しまいには餃子の皮だけが食べたいなんて言い出す始末。まあ嫌いなものも全く気にせず、お構いなしに料理に使っている私もいけないのか……。いやいや、いつかふと美味しいと思って食べてくれることがあるのだろう。
我が家では「嫌いなものを無理に食べることはない」ということにしている。嫌いなのに無理矢理食べてもきっと体のためにならないし、第一、その食材に大して申し訳ない。まあそのうち「美味しい」と思える時が来るのだろうと思う。私自身、そうやって育ってきた。最後に唯一「これだけは絶対に克服できない」と思っていた納豆さえも、最近では大好物になりつつある。
「食べる」とは「美味しい」と心から思ってこそなのだと思う。

100116

« 冬の日に | トップページ | 久しぶりに…… »