« 白菜漬け | トップページ | 子どもの器 »

2010年1月23日 (土)

田谷直子さん個展

100123_1

朝ご飯を食べながら、今日の夕飯は何にしよう?と話していたら何だかパンが食べたくなって、またパンを焼こうということに。午後は立川までH.worksさんへ田谷直子さんの個展に出かけることにしていたので、午前中に生地を仕込んで一次発酵は冷蔵庫に入れてゆっくりと時間をかけてやってみることにした。
午後、陽南子と瑞季を連れてH.worksさんへ。久しぶりに田谷さんにお会いした。以前、田谷さんの工房へ陽南子を一緒に連れてお邪魔したことがあった。あれはまだ2歳になる前だったか、「大きくなったね〜」と田谷さん。
お店には使いやすそうな定番の器がいろいろ。灰釉のものとルリ釉のもの。陽南子が自分で選んだ鳥の箸置きと小鉢。小鉢は陽南子用のご飯茶碗に良さそう。ほんのりピンクがかった優しい色がいい。ご飯美味しく食べられそうだね。鳥のお箸置きは今日さっそく陽南子が使いました。我が家の箸置きコレクションに仲間入り。
田谷さんの個展は30日まで。
しばらくお話してH.worksさんを出た後、ちょうどおやつの時間になって「おなか空いた〜」と陽南子。なんとも正直で正確な腹時計。そこで同じ建物にある食堂marumiyaさんへ。おやつを食べようと入ったのに、メニューを一生懸命に見て、陽南子が「これがいい」と言ったのは子ども用の定食。玄米とお味噌汁とおかず一品と番茶のセット。「え〜、まだご飯には早いよ」と言ってもゆずらない。まあ美味しそうだからいいかなと、おかずは「ひじきのがんも」を選んだ。私はお茶とおしるこ。絵本を読みながらしばらく待っていたら、立派な定食とおしるこが。ひじきのがんもが揚げたてでとっても美味しそう。陽南子さん、大好きなおかずがうれしくて、ひとつ残らずしっかりペロッと平らげてしまった。おしるこもとっても美味しかった。子ども用の定食があるなんてうれしいお店。しかも美味しい。また食べに行こうね。
外に出たら空が夕陽色。「すっかり遅くなっちゃった〜」と、仕事があって家で留守番だった夫に電話。そしてまた電車に揺られて西荻窪へ。
家に着いてから今度はパンを丸めて二次発酵。今日はベーグルじゃなくてプチパン。なかなか美味しく焼けてよかった。野菜たっぷりのスープとパンの夕飯。これも陽南子はしっかり食べてました。恐るべし4歳児の食欲。
そんなこんなで今日は盛りだくさんの一日。

100123_2

« 白菜漬け | トップページ | 子どもの器 »