« 宇宙旅行とりんごのケーキ | トップページ | 大根大好き »

2009年12月10日 (木)

長谷川奈津さんの器

091210

青山の楓さんで長谷川奈津さんの個展。久しぶりに歩く青山。ピリッとした空気にちょっと背筋が伸びる。
長谷川さんにお会いするのも久しぶり。去年の秋、草soでの企画展に出展していただいた時以来かな。長谷川さんの器は眺めているとだんだんと引き込まれる。こんな風に使ったら良さそうだなあと思えてくる。形も釉薬も正統派というかシンプルなものなんだけれど、小手先の魅力でない、器そのものに力があるのだろうか。今日は飴釉の小さめの鉢がどうしても気になって、いただいて帰ることにした。大根と人参のなますなんか盛ったら良さそうだなあ。ほうれん草のごま和えとか、おでんなんかも良さそうだなあ……。野菜の白や赤や緑が映えそうな器。帰り道に小かぶを買ったので、今日はかぶの海苔和えをのせてみた。これからいろいろに活躍してくれることでしょう。夕食の後、器を洗いながら改めて思った。そうそう、長谷川さんの器の高台も、私はとても好きなんだ。優しい表情の器の裏を返すと力強い高台が見える。長谷川さんの器の魅力が正にそこにあるような気がする。どっしりとした安定感。ずっと使い続けたい器。

« 宇宙旅行とりんごのケーキ | トップページ | 大根大好き »