« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日

大晦日です。今年もいろいろありました。ブログ読んで下さってありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。
今日は家族で大掃除とおせち作り。陽南子も張り切ってお手伝い。お煮しめと黒豆と栗きんとんと紅白なますを作りました。みんな元気にお正月を迎えられてよかった。2010年もよい年になりますように。

091231

2009年12月29日 (火)

今年もあとわずか

091229

なぜいつもこうなってしまうのだろう。毎年毎年「来年こそはもっと余裕を持って取りかかろう」と心に決めるのに……。今夜も寝る間を惜しんで年賀状の宛名書き。そう、私は、夏休みの宿題をいつも8月31日に必死でやっていたタイプ。
何はともあれ、今年もあと2日。早かった長かった一年。いろんなことがありました。青山での草soが終わり、そして何より、瑞季の誕生が一番の出来事。本当はこれに鴨川への引っ越しまで加わる予定だったのが、それはちょっと欲張りすぎということで、来年へ持ち越し。
何だか実感があるようなないような……、もうすぐ2009年が終わります。

2009年12月27日 (日)

忘年会でトムヤムクン

昨日は我が家で学生の頃からの仲間が集まって忘年会。毎年うちは料理担当で、夫が張り切って腕を振るってくれるのだけれど、今年のリクエストは「トムヤムクン」。というわけで、早朝からせっせと仕込みをして作ってくれました。トムヤムクン以外にも春雨サラダや生春巻きやその他いろいろ。「今まで食べた中で最高に美味しいトムヤムクンだった!」と大好評。どれもほんとに美味しかったよ。
今日はそのスープにフォーの麺を入れて食べてみました。これもなかなか美味だったけど、玄米ビーフンの方が更に美味しそう……ということに、今度試してみよう。
毎年恒例の忘年会。みんなそれぞれいろんなことがあった一年でした。来年もいい年になりますように。

091227_2

2009年12月25日 (金)

クリスマス

091225

今日はクリスマス。去年まで我が家にはサンタさんは来てくれなかったのだけれど、今年は来てくれました。朝起きたら、陽南子と瑞季の枕元にプレゼントが!陽南子は「サンタさん来てくれたね〜」ととってもうれしそう。陽南子のプレゼントの中味は絵の具。早速、朝ご飯も食べずに絵の具でお絵かき。いろんな色があって楽しいね。
晩は、ばっぱ(私の母のことを陽南子はそう呼ぶのです)の家でみんな集まってクリスマスパーティ。最後にはクリスマスケーキも登場。ケーキの上に乗っていたサンタさんがかわいくて、陽南子は大事にもらって来ました。サンタさん、どうもありがとう。お疲れ様でした。

2009年12月24日 (木)

ベーグル

091224_1

昨日ののどの痛み、お陰様ですっかり治りました。恐るべし生姜パワー。

陽南子は今日も自転車の練習。いつもの公園で友だちとツーリング?ちょっと風が冷たくても何のその。元気に走りまわっておりました。

午後はお父さんも一緒にベーグル作り。京都の森田久美さんの本を参考に。こねるのも、伸ばしてクルリッと形を作るのも「陽南子が自分でやる〜」と張り切ってやってくれました。最近やけにパンが好きな陽南子。小麦アレルギーだったのが嘘のよう。家でこんなことが出来るようになったなんて……。
オーブンからいいにおいがしてきて「早く食べた〜い」。焼き上がって、ご飯の時間まで待てずにつまみ食い。とっても美味しいベーグルが出来ました。

091224_2

2009年12月23日 (水)

生姜シロップ

091223

朝起きたらのどが痛い。せっかく陽南子が元気になったのに、私が風邪をひいたら大変。ここは気合いで治さなきゃ。「病は気から」です。

先日、鴨川へ行ったとき、夫が野菜直売所で生姜をたんまり買い込んで、何をするのかと思えば、その生姜で生姜シロップを作ってくれた。じっくりと砂糖に漬け込んで、スパイスとレモン汁を入れてコトコトして、さらに一日漬けたものなんだって。「これはのどの痛みに良さそうだ」と、今朝はこれで葛練りを作ってくれた。ピリッと生姜の辛みがのどに効きそう。お湯で割っただけでもじんわりと温まっていい感じ。漬けた後の生姜は干して、そのままパクッといただく。体が熱くなる感じ。これで風邪を撃退するぞ〜。

2009年12月22日 (火)

自転車

091222

今日は冬至。晩のおかずは、かぼちゃの蒸し煮に葛のあんかけ。柚子をお風呂に浮かべてあったまる。陽南子は爪で柚子を突っついて「ほら、いいにおい!」とうれしそう。

風がなくて暖かな一日。陽南子の4歳の誕生日プレゼント、念願の自転車が出来上がった。自転車屋さんに行って、夫がひとつひとつ組み立ててくれました。ピカピカの自転車。やっぱり赤にしてよかったね。ヘルメットも買って、早速練習に励んでいます。今日の写真は練習に付き合わされたお父さんの作品。ちょっと誕生日より早いけど、インフルエンザをやっつけたご褒美。一生懸命に自転車をこいで、すっかり元気になったみたい。よかった〜。家族が元気なことが何より一番の幸せ。明日も一日自転車の練習かな。

2009年12月21日 (月)

元気になって

今日も雲ひとつない冬の空、北風が寒かった。陽南子はまだ本調子まではいかないけれど比較的元気になって、今日はお昼にパンが食べたいというので、午前中にパン屋さんへ一緒に買い物へ。行く道は元気に走ってた。帰り道はお父さんに「抱っこ〜」になってしまったけれど……。お昼はそのパンにハムとレタスをサンドイッチにして食べた。「崖の上のポニョ」を見て以来、映画で出てくるハムサンドが大好きに。「ポニョはハムが好きなんだよね」なんて言いながら、食欲も戻ってきたみたい。
ひと安心というところだけれど、体が回復してからも精神的にはなかなか元気になれないみたい。わがままなことを言ったり、執拗に甘えたりすることが多くなった。妹の瑞季に対しても「母を取られる」という複雑な気持ちが強くなってしまったみたい。でもここは踏ん張りどころ。もっともっとしっかりと受け止めてあげよう。

2009年12月20日 (日)

インフルエンザ

091220_2

十六日の新月から数えて五日目の月。夕方の空に細く淡い色がきれいだった。
この五日間とてもとても長かった。
上棟の日の夜、陽南子が熱を出した。寒い中無理をさせてしまったからか……。恐らくインフルエンザ。医者嫌いの私でもこういう事態で医者にいかない訳にはいかないと、3日目に近所の小児科で検査してもらったら結果は陰性。なのではっきりとはわからないけれど、2割くらいの人が陽性でも陰性と出てしまうらしいので、多分これがインフルエンザ、しかもあの「新型」というやつなのだろう。この間ブログを更新する余裕などなく、今こうしてパソコンに向かえていることに心底ホッとしている。多分、もう陽南子はインフルエンザをやっつけたのだろう。今日は一日平熱で比較的元気になってくれた。というのも、この5日、熱が上がったり下がったりを繰り返した。「あ〜良かった〜」と安心したと思ったら、すぐ後にはみるみる顔つきが変わって、熱が9度を超えていたりということの繰り返し。夜中に「もしかして脳症?」なんていう事態になって発熱センターに電話して相談したり。とにかく親としてもっと安心させてあげなければならなかったのに、こっちの方が不安がいっぱいで正直怖かった。「そんな顔しないで!」と陽南子に言われてしまった。さぞ私の顔が怖かったんだろう。結局薬に頼らずに、一番頑張ったのは陽南子なのに……。
この五日間、もちろん、私一人ではどうにも出来なかったと思う。何より夫がいてくれて、瑞季が幸い元気でいてくれたおかげ。家族の力を試されていたような気がする。大きな波をみんなで乗り越えたような……。明日はもっと元気になってくれてるかな。

2009年12月16日 (水)

祝上棟

091216

やっと今日鴨川の家が上棟を迎えました。平面だったものが現実の空間となって、その中に入ると不思議なほどしっくりと来る。特に驚きがあるわけでなく「あ、こういう感じなんだ。」というのが正直な印象。想像通りというか、すでに知っていたような……。大工さんや他の職人さんと一緒にお昼のお弁当を食べて、折り詰めとお赤飯とお酒をお土産に用意し、何とか少しお祝儀も。神主さんをお願いしたり、屋根に上がってお餅を投げたりというような正式な上棟式にはしなかったけれど、とにかくこれからの工事が事故や怪我がなく無事に進んで、いい家が出来ますように。その思いが大工さんたちに通じたかな。
建物で切り取られた景色が思っていた以上に美しかった。ここでの生活が日常になる。楽しみだなあ。

2009年12月14日 (月)

升たかさんのうつわ

091214

升たかさんの個展初日、西麻布の桃居さんへ家族4人でお邪魔した。升たかさんの展覧会はとても楽しい。小皿や小さな花入れやポットなど、ひとつひとつの作品に繊細なタッチで描かれた動物や人の表情が可愛くてつい見入ってしまう。陽南子もそんな器を見て興味津々。物語が出て来そうだね。去年も同じ桃居さんでの個展で小さなお皿を「陽南子のために」といただいた。今日は瑞季にもっと小さな豆皿を。子どものためというのは口実でほんとは私が欲しいのですが……。家に帰って去年いただいた小皿を棚から出すと、陽南子は嬉しそうに干しぶどうなんかのせていた。瑞季の豆皿には何をのせようか……。我が家のコレクションが増えました。

2009年12月13日 (日)

おでん

091213_1

昨日のポカポカ陽気はどこへやら。今日はまた雲の多い肌寒いお天気。こんな日はあったかいおでんが食べたいねえ。と、今日の夕飯はおでんに決定。吉祥寺へ買い物に出たので、いつも通るたびに「一度買ってみたいなあ」と思っていたダイヤ街のおでん種のお店「塚田」へ。ずらっと並んだおでん種を前にあれもこれも食べてみたくなってしまう。今日のところは、定番のごぼう天に、枝豆、しいたけ、ぎんなんの練り物と、はんぺんと結びこんにゃくを買った。早く家に帰っておでん作ろう〜。と帰り道におでんには絶対に外せない大根と油揚げも買って足早に帰宅。油揚げには舞茸を入れて巾着に。大根、人参、じゃがいも、といろいろの練り物をお出汁でコトコト。美味しいおでんが出来ました。アツアツをフーフーしながらいただいて、これぞ寒い季節のお楽しみ。

091213_2

2009年12月12日 (土)

青空の下で

091212_1

素晴らしいお天気の一日。昨日の雨が嘘のよう。沖縄に住んでいる姪っ子が2人東京へ。今日は一日一緒に遊ぼうということで、「どこに行きたい?」と聞くと「どんぐり拾いに行きたい!」との答え。沖縄にはあんまりどんぐりがなくてつまらないのだそう。なるほど、というわけでまた新宿御苑へ。まだまだどんぐりがいっぱい落ちています。大きなシラカシの木の下で陽南子も一緒に3人でどんぐり拾いに熱中。近くにプラタナスの木があって、その大きな落ち葉も一緒に拾って焚き火ごっこ。

091212_3_2

姪っ子は6歳と8歳。陽南子はちょっとお姉ちゃんの2人にくっついて一生懸命に一緒に遊んでた。焚き火ごっこの次は、かくれんぼや追いかけっこ。うちのお父さんたくさん走ってくれました。それから木に登ったり(ほんとは登ったらおこられるかな……)、大きな切り株の下の穴に「何かいる!」と棒でつんつんしてみたり(下の写真はその様子)、枝をいっぱい拾ってきて秘密基地やお家を作ったり……。そう言えば私も子どものころ、こういう風にお家作ったりして遊ぶの好きだったなあ、と思い出す。
それにしても子どものパワーってすごいね。4人姉妹の親になったような気分で楽しい一日でした。

091212_2

2009年12月11日 (金)

大根大好き

我が家では一年を通して大根を切らしたことがほとんどない。納豆に大根おろし、焼き魚にも大根おろし、大根のお味噌汁や煮物、生のまま千切りにしてなますやサラダ、大根のステーキ、葉っぱもちょんちょんと刻んで漬物にしたり油揚げと炒め煮にして……などなど。毎日何かしらの形で大根を食べている。
でもやっぱりこの時季の大根は格別に美味しい。昨日も八百屋さんで立派な葉っぱつきの大根を買った。そして隣の魚屋さんでは格安のぶりあらをゲット。「そうだ、ぶり大根作ろう!」ということになった。こういう料理は夫の方が得意(というか、料理全般、私より上手)。今日の夕飯に夫がぶり大根を作ってくれた。朝から仕込んであったので、大根にたっぷり味が入って、とろりっとやわらかくなった黄金色の大根が何とも言えない美味しさ。ぶり大根の主役はやっぱり大根の方なんだ、と確信。厚めにむいた皮を刻んで醤油で漬けた即席漬けも美味。ついでにお味噌汁にも大根。大根さまさまの食卓。これからの寒い季節、大いに大根を堪能しよう。

091211

2009年12月10日 (木)

長谷川奈津さんの器

091210

青山の楓さんで長谷川奈津さんの個展。久しぶりに歩く青山。ピリッとした空気にちょっと背筋が伸びる。
長谷川さんにお会いするのも久しぶり。去年の秋、草soでの企画展に出展していただいた時以来かな。長谷川さんの器は眺めているとだんだんと引き込まれる。こんな風に使ったら良さそうだなあと思えてくる。形も釉薬も正統派というかシンプルなものなんだけれど、小手先の魅力でない、器そのものに力があるのだろうか。今日は飴釉の小さめの鉢がどうしても気になって、いただいて帰ることにした。大根と人参のなますなんか盛ったら良さそうだなあ。ほうれん草のごま和えとか、おでんなんかも良さそうだなあ……。野菜の白や赤や緑が映えそうな器。帰り道に小かぶを買ったので、今日はかぶの海苔和えをのせてみた。これからいろいろに活躍してくれることでしょう。夕食の後、器を洗いながら改めて思った。そうそう、長谷川さんの器の高台も、私はとても好きなんだ。優しい表情の器の裏を返すと力強い高台が見える。長谷川さんの器の魅力が正にそこにあるような気がする。どっしりとした安定感。ずっと使い続けたい器。

2009年12月 9日 (水)

宇宙旅行とりんごのケーキ

091209

昨日八百屋さんで紅玉を見つけたので、今日は久しぶりにりんごのケーキを焼いた。オーブンからいい匂いがただよってきて、そろそろかなあと焼き上がりを待つ間、パラパラと新聞を見ていたら、一面に「いつかは宇宙観光」なんて記事。民間宇宙旅行用の宇宙船が初めて公開されたとか。早ければ2011年にも初の商業飛行が行われるらしい。気になる旅行代金はなんと一人1800万円!「行ってみたい、見てみたい」という人間の欲求はどこまで続くのだろう?私なんて世界はおろか、日本にだって行ってみたいところも見てみたいものもまだまだ沢山あるのに……。すでに世界中から300人の予約があって、日本からは10人の人が申し込んでるんですって。
「へぇ〜」なんて思いながら焼き上がったケーキをオーブンから出した。なかなか美味しそうに焼けてよかった〜。おやつの時間にみんなで食べた。贅沢に紅玉をたくさん入れたからか、いつになくまた美味しくできて我ながらうれしい限り。りんごのケーキを頬張りながら、宇宙旅行もいいけれど、私にとってはケーキが美味しく焼けたことが幸せだったりするなあと思ったりして。

2009年12月 8日 (火)

冬の空気

昨日から急に寒くなりました。すっきりと晴れて真っ青な空に北風がピューッと吹いて、すっかり冬の空気です。午後、いつものように近所の公園に遊びに行くと3時を過ぎた頃には寒くなって、今日はまだよかったけれど、昨日なんて帰り道の寒いこと寒いこと。陽南子が三輪車をこいで、私は北風に向かって急ぎ足。途中まで歯を食いしばって背中を丸めていたけれど、ふと「北風ピープー吹いていた〜♪」なんて歌を思い出して唄ってみたら少しだけ寒さが和らいで、思わず笑いがこぼれ、瑞季を抱っこしながら陽南子と一緒に笑いながら北風が吹く中を走ったら、何だか楽しくなりました。これから帰り道に寒いときは唄ってみよう。
写真はお向かいの町会長さんからおすそ分けでいただいたゆず。ご近所さんのお庭で採れたものだそう。コトコト炊いた大根にのせたり、小芋の煮付けに散らしたり……、ゆずのふわっといい香りが美味しい季節になりました。

091208

2009年12月 7日 (月)

誕生日

091207

今日は私の3○歳の誕生日です。朝からいつもと同じようで違う、何だかソワソワした気分。
夫が誕生日スペシャルディナーを作ってくれました。「何が食べたい?」と聞かれて「鴨のソテー!」と答えると、「毎年同じような気がする」と言いながら美味しい鴨のソテーを作ってくれました。そう、このリクエストはもう何度目か。だって好きなんですよ。特にこの季節、鴨が食べたくなるんです。今日のソテーはリンゴとネギをバルサミコ酢で煮詰めたソースがのって、ほんのりピンクの絶妙の焼き加減。毎年腕を上げています、うちのお父さん。
さらに、お誕生日のケーキも作ってくれました。これもリクエストに応えて「苺と生クリームのケーキ」です。やっぱり好きなので「生クリーム」をリクエストしたけれど、スポンジは米粉で、マクロビケーキのように卵と乳製品を使わない作り方。しかも今日夫が初挑戦したのは、ベーキングパウダーを使わずに豆乳を泡立ててメレンゲのようにして膨らませるというもの。しっとりとした蒸しケーキのようなスポンジになりました。卵で膨らましたスポンジとはやっぱり少し違うけれど、あっさりとした体に優しいケーキでした。苺は陽南子も一緒に飾り付け。ろうそくも立ててくれて、お得意のお誕生日の歌を歌ってもらって(陽南子はこの歌が好きなのか、毎日この歌を歌っています。)お願い事をして「ふ〜っ」。
愛する家族に祝ってもらって、本当に本当に幸せな誕生日でした。ありがとう。

2009年12月 6日 (日)

お日さまの下で

091206

一日ごとに天気が変わります。今日はまた雲ひとつない快晴。ということで、また家族で明治神宮の広場へ。ポカポカのお日さまの下で走ったり岩を登ったり、芝生の上をゴロゴロしたり、みんなでたくさん遊びました。やっぱりお日さまの下で遊ぶのが気持ちいいし楽しい。瑞季はまだハイハイが出来ないでいるけれど、芝生の上に腹ばいになって気持ちよさそう。草が顔や手についてもお構いなし。陽南子が同じくらいの頃はちょっとでも草がつくと嫌がっていたような……。やはり二人目って強いのでしょうか。

2009年12月 5日 (土)

ひょうたんかぼちゃ

091205

昨日はあんなにいいお天気だったのに、今日はまた午後から雨の一日。雨だと公園にも行けないし、一度買い物に出たものの、ほとんど家で過ごした。一日家にいると、朝昼晩のご飯とおやつを、作って食べて後片づけして、という繰り返し。一日の大半の時間を台所に立っているような気がする。というか、家にいると何だか食べることばっかり考えてしまう。主婦ってそんなものなんでしょうか。それともやっぱり私が食いしん坊なだけか?
昨日、鴨川から内房の海へ行った帰りに寄った三芳村の野菜直売所で、またもや珍しいカボチャに出会った。その名も「ひょうたんかぼちゃ」。なかなかかわいい形です。おやつに、最近はまっている餅粟・餅きびと一緒にリンゴも入れて煮てみた。味は……ちょっと甘さが少なめだったかな。あっさりと淡泊な味。

雨はもうやんだみたい。静かな夜。明日は晴れるといいなあ。

091205_2_2

2009年12月 4日 (金)

山と海と

091204_1

ようやく基礎工事が終わった家を見に鴨川へ。すっきりと晴れた空と所々紅葉が見える山の景色が美しかった。今月中頃には棟上げ。今まで紙の図面と模型と自分の想像の中だけで存在していたものが、リアルな空間として出現するのかと思うとドキドキする。私たちのこれからの暮らしがここではじまるんだ。何度も思い描いていたことが現実になる日が、あともう少しのところに来たのだ。
帰りに、車で20分ほどの、内房の岩井の海へ。うっすらと富士山も見えて、砂浜に打ち寄せる波と、キラキラと光る海がきれい。誰もいない砂浜でいっぱい遊んで、陽南子もうれしそう。瑞季は抱っこされて気持ちよさそうにお昼寝。引っ越したらこの海にもたくさん遊びに来られるね。

091204_2

2009年12月 3日 (木)

雨の音

朝から一日中雨降り。家でのんびり。今住んでいる家は築50年くらい経っている古い一戸建てで、雨の音がとても良く聞こえる。「あ、雨降ってきた。」と見えなくても音がするから分かるのだ。ここに住むまではずっとマンションや新しい造りの家だったので、雨の音なんて聞こえたことがあんまりなかった。屋根にあたる雨の音、ポツポツからシトシト、時には激しいザーザーという音。雨の音が聞こえるのって悪くない。今度の家は聞こえるかしら?
おやつに雑穀ぜんざい。あずきに餅粟と餅きびと黒米。あっさりと甜菜糖の甘み。やさしい味でした。

091203

2009年12月 2日 (水)

椎茸ごはん

091202_3

朝からポカポカで気持ちいい一日。夫の熱も下がってすっかり回復した様子。ホッとひと安心。
最近、八百屋さんで立派な椎茸を見つけるとつい買ってしまう私。生椎茸も使う前にお日さまに干すといいらしいと聞いたので、朝からベランダで日光浴をさせてみた。今晩のメニューは椎茸ごはん。椎茸を少し焼いて、ナンプラーとごま油と醤油を入れて一緒に炊き込む。高山なおみさんのレシピ。ママさん友だちが前に作ってくれて、とっても美味しかったので我が家でも試してみることに。ただ、作るとなると欲が出るというか、レシピ通りに出来ない性格というか、ちょうどごぼうも油揚げもあるので、椎茸とごぼうと油揚げごはんにしてみることに。
今日は夕飯の支度を陽南子がたくさんお手伝いしてくれた。やる気になると何でも自分でやりたがるのがこの年頃。今日は包丁にも初挑戦。椎茸ごはんの椎茸と油揚げ、おかずに作ったおでんの具の人参やちくわも陽南子に切ってもらった。切った具をお鍋に入れるのも「自分で!」と張り切ってやってくれました。他にもじゃがいもサラダのじゃがいもを一生懸命つぶしてマヨネーズを混ぜ混ぜ。これはほとんどひとりで出来ました。わが子ながら意外とやるなあ。きっとお料理が好きな人になるんだね。
味の方はというと……、椎茸ごはんはごま油の香りがとっても良くてなかなか美味しかった。ごま油とナンプラーが決めてらしい。また作ってみよう。他のおかずもみんな美味しく出来ました。

091202_2_2

2009年12月 1日 (火)

お星様のうつわ

091201

「一日一個のりんごで医者知らず」と昔から言うそうで、我が家でも普段からりんごが欠かせない。風邪のときはなおのこと。陽南子の風邪が夫にうつり、発熱。りんごをすり下ろして葛でとろみをつけてみた。陽南子も大好きでみんなで食べた。彼女が「お星様のうつわ」と呼んでお気に入りにしているうつわは安藤雅信さんのもの。いつだったか随分前に京都の草星さんで購入。買った時はまだ出産前で、まさかこんなに子どもが使うのに便利な器だとは思っていなかった。「お星様のうつわに入れてあげよう!」と言うと、陽南子はとても喜んでくれる。今日も「お星様のうつわがいい!」と言って、りんごの葛ねりをこのうつわで嬉しそうに食べてました。
話は変わるけれど、最近、陽南子のわがままにイラッとすることが多くてかなり自己嫌悪。ちょっとぐらい我慢して!と言いたくなることが多々ある。けれど、この間久しぶりにパラパラと母子手帳を見ていたら、「5~6歳から我慢も少しずつ出来るようになる」なんて書いてある。「え〜っ、3歳ってまだ我慢出来ないんだ。」なんて改めて認識してしまった。今の時期のわがままは、いわば成長の印のようなもの。私自身、子どものわがままをうまくやり過ごすことが出来るように、もっと大らかにいられたらいいのに、と思うこの頃。こうじゃなきゃダメ、なんてことはないんだよね。しっかり子どもを見つめることが大事。分かっちゃいるけど……と言いたくもなるけれど、明日からまたそうしてみようと思います。大好きな「お星様のうつわ」と約束。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »