« いちょう祭り | トップページ | お星様のうつわ »

2009年11月30日 (月)

雨と休日

091130

とても久しぶりにCDを買った。Henning Schmiedtという人の「klavierraum」。ピアノのソロが気持ちよく、今日も何度となく繰り返し聴いていた。
西荻窪に「雨と休日」というセレクトCDショップがある。その名のとおり、雨の日や休日に聴いていたいような、穏やかな音楽ばかりを集めたお店。全てのCDを試聴することができて、このCDも、もともと知っていた訳ではないけれど、試聴してみてとても好きだったので買ってみた。何でも「妊娠中の妻が暑い夏を心地よく過ごせるように」と作ったものらしい。
ここのショップカードにあった言葉がとても素敵。

夜中、ひとり。
晴れた日の洗濯。
雨の日の憂鬱。
暑い夏には涼しさ。脱力。
寒い冬には暖かさ。集中力。
前に立たず傍に寄り添うもの。
空気のようなもの。

私もこういう音楽が好き。日常の「音」と一緒に響くような。台所で料理をしながら、トントンというまな板の音や、洗濯機がグーングーンとまわっている音や、子どもが遊んでいたり、郵便屋さんの配達の音がしたり、いろんな暮らしの音とまじる音楽が好き。懐かしい情景がふっと浮かんでくるような音楽が。そして時には同じ音楽を静かに集中して、その一音一音を追いかけるように聴いたときに、また新たな発見があったりするのも好き。
今もこのCDを聴いている。家族みんなが寝静まった夜中、Macのキーボードをカチカチとたたきながら。

« いちょう祭り | トップページ | お星様のうつわ »