« 干し柿のケーキ | トップページ | ロールキャベツ »

2009年11月24日 (火)

一人の時間

091124

夫が子ども二人を連れて公園へ出かけてくれた。午前中の2時間ほど。3人を見送って部屋に戻るとシーンと静かな空気。家に一人っきりって本当に久しぶり。まずはi Podをクルクルとやって音楽をかける。グレングールドのバッハ。ほんとならあったかいミルクティーでも入れてゆっくりと新聞でも読みたいなあというところだけれど、やっぱりそうはいかない。せっかくの貴重な時間、主婦としては有効に使わないと。ということで、散らかったおもちゃを片づけて掃除機をかけ、お風呂を掃除して食事の支度。この間、アースデーマーケットで買ったかぼちゃを食べてみよう、と納戸からかぼちゃを持ってきたら、なんだか包丁を入れる前に写真でも撮っておきたい美しさ。早速カメラを持ってきてパチリ。これは雪化粧かぼちゃかそれとも白爵というやつか。調べてみたら「白いカボチャに出会ったら幸せが訪れる!」なんて書いてある。「へぇ〜」と思いながら包丁を入れると、それがまたとてつもなく堅い。なかなか割れてくれなくて、台所でひとりかぼちゃと格闘。やっとのことで半分になって、あとは何とかなったけれど、これはどんな味なのかな……、今日のところはシンプルに蒸し煮にしてみよう。しばらくコトコトとやって、出来上がると瑞々しくもありホクホク感もあり、なかなか美味しいかぼちゃだった。味見をしているところで夫と子どもたちが帰宅。一人の静かな時間はそこでおしまい。その後はまたにぎやかなお昼ご飯となりました。

« 干し柿のケーキ | トップページ | ロールキャベツ »