« 一人の時間 | トップページ | もちあわ »

2009年11月25日 (水)

ロールキャベツ

おふくろの味ならぬ、おばあちゃんの味、以前「ひとりごと」で書いたハンバーグにつづき、第二弾はロールキャベツ。祖母が作ってくれるロールキャベツが子どもの頃から私は大好きだった。新婚時代をハルビンで過ごした祖母はロシア人と共に生活をしていたのでロシア料理が得意。そういう訳でロールキャベツもロシア風。玉ねぎたっぷりのトマトソースでコトコト煮込んで、最後にトロリ〜っと生クリームをかけていただく。ハンバーグは、自分ではなかなか同じように美味しく作れないのだけれど、ロールキャベツは同じようにとはいかないまでも、私も自分で作るのが好きなメニュー。
立派なキャベツが届いたのでロールキャベツを作ることにした。でもロールキャベツってなかなかお手間入りの料理なのだ。しかも私は中にお肉だけでなくいろんな具を入れるので、それを刻むだけでも一苦労。かなりの意気込みがないと最後までたどり着けない。今回は、お肉は鶏挽肉をほんの少しで、野菜は玉ねぎ、人参、椎茸、蓮根と長いものすり下ろし、それにおからとご飯をつなぎに少し。そして、菊芋が手に入ったので(以前「すみ屋」さんのロールキャベツに入っていて美味しかった!)も刻んで入れてみた。出来上がった具をゆでたキャベツに包んでいく。これも楽しいけれどうまい具合に包むのがなかなか難しい。包んだロールキャベツをお鍋にきっちりと並べて、別に作っておいたトマトソースを入れて煮込み開始。クツクツと美味しそうな音をたててロールキャベツが出来上がる。食べる時に生クリームをトロリっとやるのがおばあちゃん流なんだけど、私のは生クリームなし。あっさりトマトソースです。今回はちょっと煮込みすぎたかな。でもキャベツがやわらかく甘くなって美味しかった〜。陽南子も大好きのメニュー。たくさんおかわりしてくれました。

091125

« 一人の時間 | トップページ | もちあわ »