« どんよりの一日 | トップページ | 食卓のテーブル »

2009年11月 3日 (火)

快晴の一日

091103_1

昨日のどんよりから一転、今日は雲ひとつない快晴の一日でした。しかし、私は昨夜予感したとおり、やっぱり風邪をひいてしまいました。夜中に授乳に起きたあと、背中がぞくぞくしてしばらく眠れなくなって、朝起きたときは首がガチガチ、喉もイガイガするしで、何とも最悪な気分でした。こういうときはどうにもやる気が起きないもので、鴨川へ行く予定だったのを取りやめて、朝からウダウダとしてました。けれど私以外の家族3人はいたって元気で「そういう時は家にいるより出かけた方が良くなるよ!」ということで、今日が最終日だった古道具のお店「可ナル舎」の5周年記念のセールに行くことになりました。車で向かう道の途中、野川公園があって、あまりに気持ちよさそうでちょっと遊んで行くことに。芝生の広場が気持ちよく、陽南子はすべり台やらアスレチックやらがあって嬉しそう。私はお日さまがよくあたる広場で瑞季と一緒に日向ぼっこ。背中にお日さまをいっぱい浴びて、体の芯まであったまって、風邪のゾクゾクが少し楽になりました。スッキリと青い空を見上げて深呼吸をして、こういう風邪の治し方もあるんですね。
ひとしきり遊んでおやつの焼き芋も食べて、さあ次はいざ可ナル舎へ。特に何を買うなんて考えず、引っ越し前だから家具も買えないし、店作りに何か参考になるものがあるかなあというくらいに考えていたのですが……、中に入ってさっそく見つけてしまいました。引っ越したら新しい食卓が欲しいと思っていた、その理想に近いテーブルが。主人も同時にそのテーブルに目が行って、ふたりで「いいね〜」。値段を聞いてみると、ちょっと難ありの代物で、自分で修理できるのならかなりの破格。まだ引っ越してないし、そもそも家も出来てないのに……、でもこれも何かの縁でしょう。車にも何とか積めてそのまま家に持って帰って来てしまいました。今の家にはちょっと大きいけれど、これから我が家の食卓としてずっとずっと活躍してくれるでしょう。テーブルさんどうぞよろしくね。
私の風邪もどこへやら、快晴の一日、不思議な、けれど充実した一日となりました。

« どんよりの一日 | トップページ | 食卓のテーブル »