« 食卓のテーブル | トップページ | 浅草 »

2009年11月 5日 (木)

家を建てるということ

今日は建築中の家の打ち合わせで鴨川へ。基礎工事のコンクリートを入れる前の配筋検査というのがあり、その他諸々の問題点を話し合いました。いろいろありましたがやっと工事が前へ進んでくれそうです。家を建てるということはたくさんの人の力を借りてなされるものなのですね。家づくりをはじめて常に思うこと、それは、この家に携わってくれた全ての人にこの仕事に情熱を持ってのぞんでもらいたい、そして竣工したときに、私たちだけでなく、その人たちみんなが「いい家ができた」と思ってくれるようなものが出来るといいなということ。なんせ私たち家族のこれからの人生が、この家で新たにはじまるのですから。
帰りの車から見えた夕焼けがとてもきれいで、車をとめて写真を撮りました。引っ越ししたらこういう景色がいつも見られるんだね。その度に「きれいだなあ」と感動できるようでありたい。
空気が冷たくなってだんだんと冬の気配です。

091105

« 食卓のテーブル | トップページ | 浅草 »