« 連休に…… | トップページ | ちいさいおうち »

2009年10月13日 (火)

栗・栗・栗

091013_1

立派な栗をたくさんもらったので、甘露煮と渋皮煮を作ることにした。大抵こういうことをやろうと言い出すのは私よりむしろ主人の方。私ももちろん嫌いじゃないので、夫婦ふたり仲良く台所に並んで、まずは栗の皮むきから始まった。甘露煮も渋皮煮も作るのは初めて。黙々と栗の皮むきに熱中する両親を見て、長女の陽南子は少々あきれ気味。遊んでもらえないのでだんだんとイライラしてきて「もう、こんなに栗をたくさんもらうからだよ〜栗なんか嫌い!」なんて言っていた。そして、二日間かかってようやく甘露煮と渋皮煮が出来上がった。てんさい糖を使ったので色は黒っぽくなってしまったけれど、味は上々。最後の渋皮煮の瓶詰めが終わった時は、何だか言いようのない達成感というか、充実感があった。先日、美味しい渋皮煮をいただいたとき、その人は「渋皮煮を作っている時の自分が好き」と言っていた。「こんな面倒なこと」と思っていたけれど、その気持ちがなんとなく理解できました。また来年も作ろうか、なんて今から思っているのです。
今日はその甘露煮を使って、いつもの米粉のケーキを作ってみた。またその素朴な味わいが美味しかったこと。「今度は渋皮煮でやってみよう、モンブランとかも作ってみようかなあ、お正月の栗きんとんも今年は自家製甘露煮で作ろう!」などなど、美味しい話が尽きません。

091013_2

« 連休に…… | トップページ | ちいさいおうち »